電力IoT用エッジ基盤
Shizen TPO

エッジサーバーとクラウドサービスのトータルソリューションで
多様な遠隔検針ニーズにお応えします。

多様な遠隔検針・集計を自動化

スマートメーターから検針データを取得するエッジサーバーと料金を算出するクラウドサービスを組合せたトータルソリューションです。

  • 自家消費型
    太陽光ビジネスに
  • 再エネ証書の
    発行に
  • 小規模オフィス
    物件管理に

自家消費型太陽光ビジネスに最適

複数のスマートメーターにWi-SUNで無線接続でき、クラウドで自家消費料金を計算できるので自家消費型太陽光ビジネスに最適です。

利用イメージ

4つの特長

  • スマートメーターとかんたん無線接続
    1スマートメーターとかんたん無線接続

    Shizen Connectは低圧スマートメーターに無線(Wi-SUN)接続できる小型コンピューター(エッジコンピューター/ゲートウェイ)です。スマートメーターとのWi-SUN接続の設定だけで接続し、システム開発や配線工事などは不要です。

  • 1台で複数のメーターに接続
    21台で複数のメーターに接続できて低コスト

    Shizen Connectは一定間隔で接続するスマートメーターを切り替えることができるため、複数のスマートメーターに無線接続できます。複数の物件の検針データを取得すれば検針コストが下がりますし、追加設置したメーターのデータと組合せて自家消費料金を算出するなどの用途が広がります。

  • 自家消費料金を自動で算出
    3自家消費料金を自動で算出

    自家消費型太陽光ビジネスや再エネ証書の発行には自家消費の把握が必要です。追加設置したスマートメーターと系統のスマートメーターをShizen Connectが接続できるよう設定すれば自家消費の把握が可能になります。

  • 豊富なI/Fを備える
    4豊富なI/Fを備え多様な利用が可能

    Shizen ConnectはBluetoothやWifi、USBなどの豊富なインターフェースを備えているためスマートメーター以外のセンシングデータの取得や制御も可能です(個別見積)。また、通常は3G/LTE回線でクラウドと通信しますがWifiや有線LANでの接続も可能です。